レム睡眠とノンレム睡眠

普段から心がけなくてはいけないこととは?

どんな時でも深い眠りを考えておくことは大切になります。疲れている時でもそうですし、精神的にやられている時でも、どんな状況でも睡眠が深く取れればなんとか体の調子を整えることが出来るために、また頑張ろうという気持ちを高めることが出来るはずです。

 

だし、眠りが浅いことで、疲れが取れないし、精神なバランスが悪くなってしまいますので、普段から当たり前のような睡眠、ぐっすりとした睡眠が取れるようにしておきたいものです。

 

基本的にメラトニンが満たされていたら睡眠をとることができ、精神のバランスを持続させることができます。

 

 

そもそも睡眠とはレム睡眠とノンレム睡眠がワンセットになり、90分間で4〜5かい繰り返されて目覚めるようになっています。レム睡眠は体を休ませるための浅い眠りで、あkラダを保とうとしている。脳は活動していますが、その代表的な役目の一つは心のメンテナンスです。

 

体を休めている間に悲しみや怒りといった感情や精神的なストレスを和らげることが重要になります。ただし、一方ではノンレム睡眠は脳を休める睡眠であり、代表的な役目は体のメンテナンスです。

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが取れていれば、睡眠のリズムを持続させることができ、体も心も軽くなりますが、セロトニンの量が減ることで、うまく行かなくなるわけですね。普段からの生活環境、食生活も大事になるために、当たり前のようなことをどれだけ意識できるかで大きく変わると思います。