ストレスを和らげるためにメラトニンを

ストレスとメラトニン

腰が痛くなる原因として「猫背」などが指摘されますが、他にもストレスが要因で起こることも有ります。

 

腰痛の多くが心理社会的な要因から引き起こされる痛みであることも、細菌になりわかってきています。若い世代ほどこれが大きいとのことで、デスクワーカーは猫背などの不良姿勢を撮り続ける根本的な姿勢が要因。

 

その姿勢が悪い中で、仕事の疲れ、上司との関係などのストレスが、腰の筋にダーメージや、緊張感を与えるおkとで、腰痛が起こりやすくなります。

 

ただし、急に覆ったい痛みは2〜3週間以内でなおります。
しかし、過剰なストレスが続くことで、痛みが長引き、短期間の腰痛から、長期的な腰痛に変わります。

 

これは心身ともに緊張した状態が続くことにより、自律神経のバランスが崩れるからです。

 

実際に、痛みが長期間続く場合は、無理をせずに、痛みを抑える内因性の鎮痛システムを利用するのがまず必要なことです。

 

そして、ストレスを過剰に溜めないようなセルフケアも大切。

 

ストレス状態が、体内にセロトニン、ノルアドレナリンに痛みを調節することで、腰の痛みを伝えてきます。これは、ひとつの要因として、セロトニンの低下が指摘されます。メラトニンをの分泌が低下することで、精神的な部分だけでなく、神経に対してもダメージを与えるために、メラトニンを促進させることも必要。