脳に刺激を与えずに、睡眠を高めること

一日の疲れやストレスを解消するために、ベットの中でぐっすりとした睡眠を摂ることはすごく重要になります。しかし、メラトニンの影響などで、睡眠を十分に取ることができず、朝を迎えることで、疲れがたまりやすくなります。

 

メラトニンのサプリを毎日服用することも大切ですが、寝る前のちょっとした心がけをすることでも、睡眠力を高めることができるために、心がけたいところです。

 

ベッドに入る前にスマフォやゲーム、テレビなどを見ていると、どうしても脳が刺激的になり、寝ようとしても、眠ることができなくなります。そこで、一時間前に眠る準備を始めます。

 

脳を刺激させるようなものは避け、心を癒してくれるお香やラベンダーがオススメです。脳を落ち着かせ、睡眠効果を高めてくれます。

 

その他にも、夜8児以降のカフェインも避け、不眠に効くと言われているノンカフェインノキアもミールティーや温かい牛乳を飲むのもぐっすりと眠る前に効果を期待することができると思います。