βエンドルフィンが関係してきます

枕元に難しい本を置く

眠れない時にメラトニンのサプリメントを服用することで、睡眠作用を高めることができます。ただし、服用を始めてもすぐに効果があるわけではないために、まずは最低限の眠気を高めることを心がけることが重要になると思います。

 

 

たとえば、布団に入ってからテレビを見たり、スマフォでゲームをしていたら当然の事ながら深い眠りに入れなくなります。これは頭のなかで興奮してしまうからですね。そのため心がけたいのが、眠りに活かす方法を行うことです。

 

例えば、難しすぎて最後まで読み進めることができないような、ちょっと小難しいような本、哲学書を読んでみることです。難しいから、読みながらも、集中力が途切れてしまい、徐々に脳がぽか〜っとなり、睡眠作用がやってきます。

 

逆に、お気に入りのマンガを読んでいると、集中力が上がったり、テンションが上ったり、興奮して眠れなくなってしまうことも有ります。

 

難しい本を読むことで、苦痛を取り招くために、βエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されるのがポイントになるわけで、鎮痛効果や気分を高める幸福感などをえられるために、寝る前の少し難しめの本を読むことを勧めます。