低体温により眠れない

不眠症にも様々な種類がありますが、その中で布団に入ると「すぐに眠れるけど、体温が下がり夜中や早朝に目が覚める」という人もいます。

 

これは「低体温」が大きな原因です。

 

人それぞれの体温も一定ではなく、それぞれ異なりますが、平熱としては36〜37度が正常だと言われています。低体温の場合は、平熱よりも低い体温で「35度〜36度」になります。低体温により、全体の血流の流れが悪くなり、特に手先や足先が冷たく、栄養が行き届きにくくなります。

 

夜中に目が覚めるだけでなく、体の様々な部分に以上をきたすために、低体温に悩んでいる人に心がけたいのが入浴時に体温を上げることです。

 

特に、入眠の際に体温は0.5度程度低下しますが、その下校が急激であるほど睡眠が深くなるとされています。

 

湯船に浸るなどして体を温め、それからベットに入るようにすると睡眠効果を高めることができます。

 

 

それから、低体温で手先や足先が冷えているからといって手袋や靴下を履くのは逆効果です。手足から放熱して体温の調節をしているために注意が必要になります。