食事を摂ることでメラトニンを高める

毎日のようにバランスの良い食事を

日々の生活を整えるためにメラトニンを吸収することは重要です。
逆に、メラトニンが不足すると、不安にかられたり、不眠やうつ病になると言われています。

 

メラトニンはサプリなどで吸収することができますが、しかし、普段の食事の栄養分でもえることができるために、しっかりとした食事バランスを整えることが大事。

 

特に食事の中で大切になるのが朝食と昼食と言われています。

 

ついつい、朝起きて食事を食べる時間がない、仕事が忙しいからと、朝食や昼食を抜く人がいますが、すると、夕食にお腹がすき、我慢できずにたくさん食べる人がいます。すると、太る要因になるし、体のバランスが悪くなる。

 

朝食は、眠りをつかさどるホルモン「メラニン」をつくるためにも必要不可と言われています。

 

メラトニンは、脳の深部体温を下げ、心身をリラックスさせ、体を深い眠りつかせてくれます。そして、精神を清らかに整えてくれます。

 

このメラトニンがしっかりと活動させるために、栄養分を与えることが重要で、できるだけ朝食から昼食にかけて、メラトニンに必要な栄養分を取ることが大事。

 

特にメラトニンは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンを栄養分としているために、「バナナ、牛乳、卵、玄米、大豆」などが、メラトニンを高める必要とされています。

 

 

 

ページトップへ