有酸素運動やヨガでメラトニンを増やす

メラトニンを毎日サプリメントで吸収

仕事などのストレス、将来の不安など、さまざまなことを考えると、どうしても不安な気持ち、そして不眠症が毎日のように続いてしまいます。なおかつ、症状がドンドンと悪化してしまい、不安だけでなく、うつ病やパニック障害など、起こってしまうのです。

 

これは、脳内の神経が興奮状態を持続してしまうからです。そこで、神経を落ち着かせるためにメラトニンのサプリメントを服用します。一般的に、若いうちはメラトニンは豊富に体内に存在していますが、約10歳以降になると、急激に減少すると言われているために、普段からサプリメントなどで、吸収することが望ましくなります。

 

有酸素運動やヨガ

それから、普段の生活態度を見直すことでも、メラトニンを増やす事ができます。たとえば、ウォーキングや自転車など、有サンド運動を行うことで、セロトニンが活発に増加するために、これが影響して、メラトニンが増えます。

 

有酸素運動は、脳のセロトニンの分泌を即す作用で、鎮痛作用があることがわかっています。そのために、メラトニンが増加するために、不安障害や不眠、それからうつ病などにも効果があることがわかっています。

 

あとは、同じような効果としてヨガもお勧めですね。
ポーズと呼吸に集中することで、精神的な痛みを和らげることができます。

 

なによりも、有酸素運動にしかり、ヨガも、短期間でなく、長期間を目標に続けることが重要になります。

 

 

ページトップへ