朝は足湯で体温を上げること

体温と体の覚醒

メラトニンを高めることでぐっすりと眠れる日々が増えてきました。ただ、季節的なことが関係してか?はたまた、疲労が関係するのかはわかりませんが、朝目覚めると、足が打らしく感じることが有ります。そんな時に行っているのが足湯で体温を上げることです。

 

これは夜眠る前でも良いと思いますが、足を暖めると、血液の循環も良くなるために、ボーッとした気持ちもなくなるためにおすすめです。

 

朝は体温が低い時間帯で、体温と体の覚醒リズムは連動しているため、起き上がってもなかなかエンジンが掛からない人もいるかもしれません。特に冬の寒い時期なんかは、たとえメラトニンを増やし、グッする治した睡眠をとることができたとしても、そこから起き上がることができず二度寝に入ってしまう人もいるかと思います。

 

そんな時に脚を多々ためることです。大きめのバケツに集めのお湯をくるぶしの上まで入れ、全身がぽかぽかしてくれるまでひたるわけなんですね。足湯は冷えやむくみ、疲労回復にもう効果があるためにおすすめになると思います。

 

足湯を設定するときには、体温よりも少し集めに設定し、約43〜45度のお湯にして、5〜10分ほど温めることです。後、ちょっとしたことですが、足湯をしているときは、窓際で、太陽の日差しを浴びるのもいいと思いますね。太陽の日差しを浴びることで、体内でビタミンDが活発になり、よりメラトニンを目覚めることにつながるからですね。